AGA治療は不妊になる?

プロペシアで不妊?

男性特有の脱毛症AGAですが、前頭部と頭頂部の髪の毛が薄くなる特徴があり、遺伝や男性ホルモン、ストレス等が大きく関わっていると考えられています。
一度AGAになると脱毛が進んでいくため、症状を改善させるにはAGA専門のクリニックなどに通院し、投薬などの治療を行う必用があります。

投薬のほとんどがプロペシア、ミノキシジルやフィナステリドを活用した薬が用いられます。
AGAに強い効果を発揮し、脱毛を抑え、新たな育毛を促します。
こういった事からおおくのクリニックで採用されているのですが、実はAGA治療を受けた男性は、男性不妊になるという噂が流れています。

これはフィナステリドの副作用として、ごく少数ですが精力が減退するという報告がされている事にあります。
だからと言って、AGA治療治療を受けた人が全て不妊になるという訳ではありません。実際AGA治療治療を受けても子供が授かっている人は多くいます。
ただこれから子供を作っていきたいと考えている人で不安に感じる場合は、クリニックで相談し、適切な説明や治療を受ける事で、余計や心配やストレスも無くなります。