ヘアカラートリートメントのやさしく染まる仕組み

女性

自宅で簡単に美しい髪をケアしながら、根元から毛先までしっかり染められるヘアカラートリートメントが人気です。トリートメント成分がベースなので髪や地肌が傷まず、これまでヘアカラー剤が使えなかった敏感肌の人にもやさしいヘアカラートリートメントのカラーリングはどんな仕組みなのでしょうか。

まず、一般的なヘアカラーは、過酸化水素で髪の毛の脱色を行うと同時に、染料を酸化させることでカラーリングしていきます。髪の毛を脱色しながら染めていく仕組みなので、暗めの髪の毛を明るい色に変えるなど好きな色に染めることは簡単ですが、どうしても化学反応の過程で髪や頭皮への刺激が起こりやすく、ヒリヒリしたり髪の毛が傷んだりしがちです。

一方、ヘアカラートリートメントは脱色せずにトリートメント成分とともにカラー成分を髪の毛に浸透、吸着させてカラーリングしていきます。脱色しないので、黒髪を明るい色に染めることはできませんし、急激に変化をさせることが難しく、最初のうちは思い通りの色になるまで数回繰り返す必要があるのですが、不快な刺激が起こらないうえに、使うたびにトリートメント成分が髪の毛をつややかに美しくしてくれるのです。
それぞれに異なる特長があるので、目的に合ったヘアカラー剤を選ぶことが大切ですが、根元の白髪が気になる人など、繰り返しヘアカラーを使いたい方、傷みのない美しい髪を保ちたい方にはヘアカラートリートメントをおすすめします。