名古屋の最先端医療

名古屋の最先端医

愛知県は全国の病院数ランキングの上位に位置する、医療が充実した県です。その中でも県の中心名古屋市には、世界最先端の医療水準が受けられる病院がいくつもあります。
その中でも、全国のがん患者が強い関心を示している病院が名古屋市北区にある「市立 西部医療センター」です。
この病院には、世界最先端技術を搭載した、日本有数のがん治療機器「高度放射線治療機器」があります。
放射線治療は、身体への負担が少ないため、高齢者や合併症などの原因で外科手術が受けられない人に有効な治療法である事が多く、がんの治療において、非常に有力な治療法の一つであるのです。
また、PET-CT装置とよばれる最新の画像診断装置があり、全身の癌を見つけるのに大変役立っています。
従来では見つけにくかった小さな病変や、治療前のがんの広がりを正確に判断できるので、再発の発見などに非常に威力を発揮しています。
また、隣接する陽子線がん治療施設でも、最先端のがん治療法である陽子線治療を行えるので、きわめて医療水準の高いがん治療を受けることが可能です。

 

名古屋市は開業医が多い

名古屋市は開業医が多い

愛知県名古屋市の医療水準は、全国的にみたときに、比較的高い、安定しているといえます。
開業医が多いということもあり、様々な医療に対応できる医師がそろっているという背景もあります。

名古屋市は、都会ということもあり様々な福祉的なことや医療のことも含めて集中しています。
ですから愛知県にお住まいでしたら、名古屋市の病院を受診されるという方も多いです。

どうしても都市機能にしても、医療にしても、教育にしても、都会に集中する傾向がありますので、医療についても例外ではないのです。
今注目されているのは、難病であったり、原因不明の病気をいかに治していくかということです。

それらは、もちろん大学病院などでも日々研究されていますが、開業医が患者と向き合っていることでヒントになることもたくさんあるのです。
ですから、開業医の多い所というのは色々な意味で注目もされています。
今後の医療に注目していきたいものです。
名古屋も大事なベースになるところです。