AGA治療と血液検査について

血液検査

AGA治療のために専門の病院を受診した場合、まず初めに行われるのが血液検査です。
AGAの治療にはプロペシアという治療薬を用いるケースが多いのですが、この薬は服用すると肝臓で代謝されるため、肝臓に若干の負担がかかることがあります。
血液検査では、プロペシアの長期服用に耐えられる肝機能であるかどうかを確かめる意味で行われています。
またAGA治療薬は、専門病院以外に、一般の皮膚科でも処方してもらえる薬です。
しかし、そのような皮膚科では時として、血液検査をすることなく肝臓に負担をかけるAGA治療薬を処方するところもあります。
血液検査を行わずにAGA治療薬を服用することは大変危険なことですから、絶対にやめてください。
必ず、専門医で検査を受けた後の服用をお勧めします。
AGA治療のために肝臓をわるくしてしまったのでは、元も子もありません。
安易に薬を服用することはやめ、必ず専門医の判断を仰ぐようにしましょう。