厚生労働省に認可されているAGAの治療薬フィナステリド

治療薬フィナステリド

フィナステリドは、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害する効果があり、前立腺肥大や男性型脱毛症の原因物資であるDHTの発生を防止します。
アメリカで開発された成分であり、2005年に厚生労働省が輸入を承認したために、日本でも医療機関で購入することができるようになっています。
フィナステリドの輸入が承認された結果、医療機関でも男性型脱毛症に対しての治療が行われるようになりました。
テレビのコマーシャルなどでもよく見かけるAGA治療とは、フィナステリドを用いた男性型脱毛症の治療の事です。
AGAは、遺伝的な要因が強いので、これまでは進行を防止することができませんでした。
DHTが頭髪の成長を妨害するので、食事療法や血行促進作用がある育毛グッズなどでは薄毛の改善に効果が発揮されることはありませんでした。
しかし原因物質であるDHTの発生を防止することが可能となったので、多くの人が育毛に成功するようになっています。