AGA治療薬の副作用とそれを抑える対策

きよすクリニック 愛知県AGA病院

AGAの治療薬として認可され、多くの改善実績が報告されてるのが、プロペシアとミノキシジルです。
プロペシアは飲む育毛剤とも言われてる医薬品で、男性ホルモンによる、発毛阻害を抑えることで、正常な発毛や髪の成長に戻す作用が有ります。
臨床試験では、7割以上の人に改善効果が見られました。
医薬品には副作用がつきものですが、プロペシアの場合は、性欲減退や勃起機能の低下、精子の減少、眠気などが報告されてます。
実際にはごくわずかの報告で、一時的な現象の場合も有ります。
また飲み続けることで、副作用が軽くなったり、無くなる場合も有りますが、医師と適切な対策について相談した方が良いでしょう。
AGA治療薬のミノキシジルは、元々は高血圧症の治療薬でした。
服用していた患者が、多毛症になったことから、発毛効果が注目され、AGA治療薬として研究開発が行われました。
高血圧の薬の副作用から生まれた治療薬です。
毛母細胞に作用し、活性化させ、発毛を促進する効果が期待できます。
頭皮などに湿疹やかゆみ、かぶれなどの症状が出ることも有るようです。