びまん性脱毛症

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は女性特有の薄毛であり、その原因の多くはストレスなどとも言われています。 また、びまん性脱毛症は女性男性型脱毛症(FAGA)と言う別名を持つ薄毛になるのですが、男性の治療に利用されるプロペシアは女性が利用する事で副作用を招く事からもステロイド剤などを利用して治療を行う事が多いと言います。

ステロイド剤は毛母細胞を攻撃する免疫反応を抑制させる作用を持ち、この抑制効果により毛母細胞が正常の状態になり、髪の毛の発毛が期待できると言います。 但し、ステロイド剤には皮膚が赤くなってしまい、炎症を引き起こす副作用や、長期間の使用をすることで皮膚が厚くなり黒ずんでしまうなどの副作用が有ります。

尚、びまん性脱毛症の治療は外用薬での治療を行うのですが、効果が得られない場合などでは局所注射、内服薬と言った方法で治療が進められて行きますが、これについても長期間の服用は、副腎から分泌されるホルモンの分泌が止まってしまい、服用を止めてしまうと脱毛症の症状が再発すると言われています。

運動はびまん性脱毛症の予防にも最適

運動

運動は、びまん性脱毛症の予防にも最適と言われていますが、びまん性脱毛症は女性特有の薄毛の症状で、別名FAGA、女性男性型脱毛症とも呼ばれています。

AGAは男性特有の薄毛になりますが、FAGAの「F」はFemaleと言う意味を持つものであり、遺伝子の影響によりホルモンバランスが乱れ、ヘアサイクルの内、成長期の期間を極端に短くしてしまうことから、抜け毛となって薄毛の症状を引き起こすと言うメカニズムになるのです。 しかし、薄毛と言うものには生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、運動不足やストレスと言った事も関与しているケースが多く、これらを改善せずに治療を進めても発毛効果が期待出来ないと言う結果に繋がる事も在ると言います。

適度な運動をすることで、ストレスが緩和されたり、身体を活性化させることが出来ますし、食事からの栄養を髪の毛に送り届ける機能などが活性化されることで、抜け毛の予防にも役立てられます。 そのため、生活習慣や食生活などを見直すことが大切なのです。